京都市北部にある山間地域から発信する ものづくり 製作背景 新作情報…
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
神具の手直し

私が暮らす地域で 古くから行われてきたお祭りでは

 

長い鉾を各町(集落)ごとに持ってお神輿を先導します

 

長い鉾の先には鈴が下がっており そこから長い幕が垂れており

 

長さも長く とても重たい鉾で

 

鳥居や電線を避けながらの巡行はなかなか難しく テクニックが要ります

 

さらに鈴を鳴らしながら進むため

 

重たい鉾を歩くリズムで揺らし チリンチリンとさせます

 

 

その鉾を腰で支える為の帯が劣化した為

 

革が使用されていることから

 

2年前に補修と新調依頼をお受けしました

 

昔から使われている帯の革は劣化が著しく

 

何の革か? 新品時は何色だったのか?

 

およそ特定が難しく 革の選択に悩んだ末

 

知人より太鼓用のヤギの革を分けてもらい

 

水でふやかして縫つけたものの

 

乾いた状態では 硬すぎて使い辛かった様子でした

 

 

昨年は水を湿らせ柔らかくしたものの

 

水分が鉾と革を滑らして これまた扱い辛い物となってしまいました

 

ようやく使い勝手がわかってきたところで

 

今年は鉾を支える内面に厚みを調整した牛革を縫い付け

 

 

表側には京北で捕獲された鹿をなめした鹿革を縫い付けることにより

 

使い勝手の方を重視することができました

 

 

革にまつわることで相談を受けることは多々ありますが

 

神具の製作は初めてでした

 

自分も祭りに参加しながら 実際に使ってみて感じる感触

 

今回は問題なく使えるのではないかと

 

以前よりは自信を持っての納品です

 

今年は残念ながら 参加できませんが

 

お神輿が無事に収まり 怪我なく祭りが終えられることを願ってます

 

Taku

マーブル染めのインレイ

JUGEMテーマ:手作り/ハンドメイド雑貨

ウォレットのインレイパーツとして

天然石をイメージして手作り製作しているマーブル染めの紹介です

 

 

布海苔(ふのり)を煮出したジェル状の液体に

革用の染料を一滴ずつ落とし

ニードルを使って柄を作る

 

 

そこに水で湿らしたヌメ革を伏せる

ちょっと放置すると 革に色が映る

 

 

ジェル状の布海苔を拭き取ると染料だけが革に染まる

 

 

好みのレイアウトを考え パーツを切り出す

革の厚みを整え 裏面に革パーツを切った貼ったすると

 

 

パーツの出来上がり

Waxを用いてガラスで磨き込むと

一見天然石のような風合いに

 

天然石とは異なり 割れや欠けは無いが

革の表面にうっすらと色がのっているだけなので

硬いもので擦れると削れてしまうので

大事に扱ってほしい装飾パーツです

 

Taku

レザートランクの納品

JUGEMテーマ:手作り/ハンドメイド雑貨

昨年の夏からご相談頂き

少しずつ進めてきたトランクがようやく完成しました

 

 

車体に取り付けるため

別でトランクのキャリアを特注でご用意して頂き

それにスポンジやら金具を設け

 

 

木と金属と革を加工し

ようやく完成

特殊な設計ゆえ ミシンは使わず全て手縫い

トランクのグリーンも車体のカラーに合わせて手染め

 

 

もちろん外での使用となるため

革にはオイルと蝋をしっかりと馴染ませ

さらに雨天時のためのレインカバーも製作

 

 

取り付けを終えたところで

「試しに走ってみましょう!」

と言うことで 憧れのケータハムスーパー7に乗車

ぐるーっと峠道を駆け抜け

トランクとレインカバー共に

問題がないことを共有しました

 

 

完成した喜びに加え

憧れの車を体感した感動に

しばらく顔が緩みっぱなしでした

 

 

特殊なご注文 承っております!

 

Taku

仕事納め





お陰様で本年も各種オーダーを承りまして
この時期の財布オーダーは
財布の中身が増えると言う意味合いから
「張る財布」にあやかり「春財布」
と言うことで新年から使い始めたい要望が高まり
ようやく年内納期の財布たちが行き渡りました


今年も新たな出会いが生まれ多くのチャレンジをすることができました
この場を借りて今年一年関わらせていただきました皆様に感謝いたします
ありがとうございました

来年も宜しくお願いします
年始は5日から仕事初めとなります
それでは良いお年を

Taku
"かはほりあふぎ"

iPhoneImage.png

 

https://readyfor.jp/projects/kawahori/announcements/42889

 

この度関わらせて頂いておりますプロジェクト、"かはほりあふぎ"の紹介です。

 

デザイナーズ扇子であり、国産扇子であることから、

 

多くの方の手に触れながら、僕の手元にバトンは届いた。

 

今回ご相談頂いた乙井さんの熱い思いに共鳴し、

 

求められている完成度を探りながらも、扇子との調和を優先し作ってみました。

 

扇子のニーズが下がってしまうと、今まで継承してきた文化が途絶えてしまう。

 

国内でも様々な工芸品がバトンパスできない状態にあるらしい。

 

京北に移り住んで4年目、鹿との出会いから、革やら角やらで作るのも

 

新たに生まれる民芸品である可能性もあったりして…。

 

可能性は無限大!

 

Taku

鹿の角磨き

鹿の角をひたすら磨く

鹿角アクセサリー作り
9/17は京都市内でワークショップを行います
無印良品さんからの依頼です
特別な技術は必要無し
子供も大人も 女性も男性も
だれでも出来る鹿の角磨き

鹿の角に革巻きネックレス

鹿の角にターコイズを合わせたネックレス

鹿の角ピアス

ワークショップ以外にも
オリジナル作品として販売しております
Taku
カードホルダー


地域の方から注文頂きました

カードホルダーを製作中

このアイテムを取り入れる事により

ちょっとでもハッピーになって貰えたらいいなぁと思って作ってます
シザーケースのセミオーダー


この度セミオーダーでお電話注文頂きましたシザーケース


髪の毛を挟むダッカールベルトを
脱着可能なタイプにとのご要望から



ホック4点止めにて対応致しました
間も無くお届けです

ありがとうございました!
オーダーウォレット





以前財布のオーダーを頂きましたご近所さんから
御家族全員分の財布のオーダーを頂きまして
ようやく納品致しました!
ありがとうございます!
stock leather
ショルダーバッグのオーダーを頂きました

予算の都合上 在庫の革を使い

材料費を抑えて

その分 手間と閃きを注ぎます



さぁ どんなバッグが出来上がるでしょうか 楽しみです



昨日仕上がったばかりの
ラスターカラーのウォレット



地域の伝統的なお祭りに使われる三色らしく

祭りにちなんで「浮」の文字入れ

なんでも調子の良い動きをさして使う言葉だそうです



注文頂いておりますオーダー品が多く控えております
順番通りに制作しつつも
消防団等の地域活動から畑作業まで

そして その瞬間に飛び込んでくる
予想もしてなかった出来事や思わぬ出逢い
仕事以外に費やす時間も
この町に来てから随分と増えてきました

人や世の中の役に立つことを優先することにより
予定していた納期を通り過ぎてしまうこともあります
なるべくご相談しながらも
良い物をご提供できればと思います

何卒 ご理解して頂けたら幸いです

taku